矯正症例

開咬

Case

開咬矯正の治療例

  • 開咬矯正の治療例
  • 開咬矯正の治療例
  • 開咬矯正の治療例
  • 開咬矯正の治療例
  • 開咬矯正の治療例
  • 開咬矯正の治療例
リスク・注意点
・治療後に保定装置を使用しないと、後戻りするリスクがある
・歯の移動に伴う痛み
・施術中の咬み合わせの違和感など
治療の概要
中学生の女性です。前歯が出ており、前歯で噛みづらいとのことで来院されました。
治療方針として前歯を後ろに下げ、口元を下げるために上下左右の歯を1本ずつ抜歯して矯正治療を行いました。治療開始前は前歯はほとんど機能しておらず、奥歯にのみ力の負担がかかっている状態でした。歯の本数は減っていますが、全ての歯が機能することで、咬む面積は増加し、咬む力も増すことができました。
抜歯をすることで、治療期間も比較的短く、無事治療終了することができました。

無料矯正相談・お問い合わせ

あなたのお口のお悩み
お聞きかせください

歯並びや咬み合わせでお困りのことがあれば、どんな些細なことでもご相談ください。無料の矯正相談で患者さまの状況を詳しくお伺いし、ひとりひとりに適した治療法をご提案させていただきます。