私たちについて

診療コンセプト

当院では、なるべく歯を抜かない矯正と負担の少ない矯正の、2つのコンセプトをもとに診療を行なっております。矯正治療に伴う長期的な違和感・痛みを少しでも緩和するための、当院の取り組みをご紹介します。

Concept

Concept

負担の少ない、
なるべく抜かない矯正治療

矯矯正治療には数年に渡る長期的な治療、違和感・痛みがつきものです。そのため、矯正治療の必要性を感じていても、なかなか1歩踏み出せない方が大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

そこで当院は、1人でも多く矯正治療に関心を持たれている方が治療に前向きに取り組めるよう、2つのコンセプトを掲げて診療を行なっております。

Concept 01.

なるべく歯を抜かない
矯正

「矯正治療には必ず抜歯が必要」だと思われていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。患者さまの症例にもよりますが、当院はなるべく歯を抜かない治療法をご提案させていただきます。

不必要な歯は1本もありません。将来のことを考えると歯は1本でも多く残して矯正治療を行うことが理想的です。当院はなるべく歯を抜かずに矯正治療を行うために、以下の治療法を取り入れております。

なるべく歯を抜かないための治療法

IPR(Interproximal Reduction)

IPRとはディスキングと呼ばれる手法で、隣接する歯の側面を歯科専用のヤスリで削ります。削る量は0.2~0.5mmのわずかな量で、歯の表面にあるエナメル質を少しづつ削り調整します。矯正治療ではよく用いられる手法です。ディスキングが原因で虫歯が進行し歯の寿命が短くなるようなことはありません。

なるべく歯を抜かないための治療法

歯科矯正用アンカースクリュー

歯科矯正用アンカースクリューは、顎骨に小さなチタン製のネジを埋入し固定源として歯を移動させます。

歯科矯正用アンカースクリューを用いることで、歯を効率的に動かすことができるため、治療期間を短縮することができます。そして、歯のスぺースが作りやすくなることで抜歯せずに済むケースも多くあります。埋入時の痛みはほとんどなく、麻酔なしで取り外すことができます。外した跡もほとんど残りません。

当院では必要な症例の場合、ブラケット矯正だけでなくマウスピース矯正治療でも使用します。追加費用がかかることもございません。

Concept 02.

苦痛の少ない矯正

「矯正治療で生じる痛みには2種類あります。1つ目は歯を動かす時の引っ張られるような痛み。2つ目は矯正装置を取り付けたことにより生じる口腔内の傷や口内炎による痛みです。どちらの痛みもしっかり対策することで、心身的な負担少なく矯正治療を受けることができます。

心身的負担を減らすための取り組み

歯科用ワックス

矯正装置をお口の中に入れるため、どうしても頬の内側や舌に傷を作りやすくなります。これらの痛みや傷を作りやすい部分に歯科用ワックスを用いて、ブラケットやワイヤーで粘膜を引っ掛けないように保護します。

心身的負担を減らすための取り組み

マウスピース型矯正装置

当院はマウスピース型矯正装置を取り扱っています。マウスピース型矯正装置は目立たない、審美的な治療手段として注目されますが、実はブラケット矯正よりもより緩やかな負荷を段階的にかけていくため、痛みも生じにくいのです。また、口腔内の粘膜に傷を作る心配もありません。

「マウスピース型矯正装置は適応する症例が少ない」と思われがちですが、様々な症例に対応できます。軽い症例だけでなく難しい症例に対しても、しっかりと診査診断を行うことで、マウスピース型矯正装置を使用することが可能です。

無料矯正相談・WEB予約

あなたのお口のお悩み
お聞きかせください

歯並びや咬み合わせでお困りのことがあれば、どんな些細なことでもご相談ください。無料の矯正相談で患者さまの状況を詳しくお伺いし、ひとりひとりに適した治療法をご提案させていただきます。