未分類

矯正治療は長すぎる?

News / Blog

ホームページをご覧いただきありがとうございます。

本日は、矯正治療期間についてお話したいと思います。

いわゆる本格矯正治療(今回は小児矯正は除外します)は、抜歯をしない場合で1年、抜歯を伴う治療で2年~3年半ほど、平均してかかります。歯の動きやすさによっては、もっと長期にわたるケースもあります。

そう説明を受けると、「長いな~」と思われる患者さまは多いかと思います。

巷には1回の施術できれいな歯並びを手にいれる、をうたい文句にセラミック矯正という補綴治療を提案するケースや、実態は部分的な矯正治療である場合が多い、1回ごとの都度払い形式のマウスピース矯正など、短期間をうたった治療があります。(※当院で扱っているマウスピース矯正とは全く異なります)

もちろん、その治療が適している患者さまもいらっしゃると思います。しかしながら、セラミック矯正は私たちが提供している「矯正治療」とは根本的な治療が異なり、補綴治療(歯を削ってかぶせものを作る治療)で、歯を大幅に削る必要があります。

都度払いのマウスピース矯正は、全体の咬み合わせを治すには適していないケースが多いです。なぜなら、1回のマウスピース治療で治せるのは、ちょっとした前歯のねじれなど、歯を動かせる量はわずかだからです。

歯を矯正治療で動かすメカニクスは、歯を動かす方向に歯を押して、骨をすこしずつ吸収させて動かすのです。歯が動いた後ろの部分には新しい骨が生成され、それを繰り返していきます。

そのため、歯を動かせる量というのはかなり少量なのです。大きく動かしてしまうと、歯が吸収したり、強い痛みを生じたり、トラブルが起きます。

骨や歯を傷つけずに歯を動かすためには少しずつ時間をかけて行います。結果として、矯正治療期間は長くなってしまうのです。

じっくり時間をかけてやっていくことがみなさんの健康を守るためにも必須なのです。

無料矯正相談・お問い合わせ

あなたのお口のお悩み
お聞きかせください

歯並びや咬み合わせでお困りのことがあれば、どんな些細なことでもご相談ください。無料の矯正相談で患者さまの状況を詳しくお伺いし、ひとりひとりに適した治療法をご提案させていただきます。