ブログ

矯正治療中にむし歯になってしまった

News / Blog

こんにちは。戸越銀座KT矯正歯科のブログをご覧頂きありがとうございます。

本日は、矯正治療中のむし歯についてお話します。

ワイヤーによる矯正治療をやっている最中にむし歯になってしまった場合、むし歯の程度にもよりますが、治療のためにいったんワイヤーなどの装置を外さないといけないこともあります。そうなった場合、治療に遅れが出てしまいます。また、ワイヤー矯正治療の場合、歯磨きがしにくいため気を抜くとむし歯になってしまいます。よって矯正治療中は特にブラッシングは丁寧にやるよう心がけることが大切です。

マウスピース矯正においては、取り外し式の装置のため歯磨きがしにくいといったことはありませんが、お口の中の清掃状態が悪く、むし歯になってしまった場合、むし歯の程度によりますが、再スキャニングを行い新しいマウスピースを作成しなければいけなくなる場合もあります。これもやはり治療に遅れが出てしまいます。

矯正治療中はどんな装置を選んだ場合でもブラッシングは特に徹底して頂くようお願いしております。もちろん当院でもブラッシング指導、クリーニングなどは行っておりますので気軽にご相談下さい。

無料矯正相談・お問い合わせ

あなたのお口のお悩み
お聞きかせください

歯並びや咬み合わせでお困りのことがあれば、どんな些細なことでもご相談ください。無料の矯正相談で患者さまの状況を詳しくお伺いし、ひとりひとりに適した治療法をご提案させていただきます。