ブログ

矯正治療が必要な歯並び 受け口(反対咬合)

News / Blog

こんにちは。戸越銀座KT矯正歯科のホームページをご覧いただきありがとうございます。

本日は受け口(反対咬合)についてお話したいと思います。

受け口とは下の歯が上の歯より唇側にでている歯並びのことを指します。

上の歯が内側(舌側)に大きく傾斜てしまったり、下の歯が外側(唇側)に大きく傾斜してしまったり、上顎が小さすぎたり、下顎が大きするために受け口になってしまいます。

上下の顎の大きさに不調和が大きい場合は矯正治療のみでは安定した咬み合わせを獲得することが困難なこともあります。

その場合は手術を併用した矯正治療の適応になることが多いです。

受け口の状態だと、咀嚼に問題が生じるだけでなく、発音がうまくできず聞き取りにくい話し方になってしまう方もいらっしゃいます。

歯並びや咬みあわせにお困りの方はお気軽に当院の無料相談にいらしてください。

無料矯正相談・お問い合わせ

あなたのお口のお悩み
お聞きかせください

歯並びや咬み合わせでお困りのことがあれば、どんな些細なことでもご相談ください。無料の矯正相談で患者さまの状況を詳しくお伺いし、ひとりひとりに適した治療法をご提案させていただきます。