未分類

見えないマウスピース矯正 vs ワイヤー矯正 、 どちらが自分には適している?

News / Blog

こんにちは。戸越銀座KT矯正歯科です。

12月に入り、今年も刻々と1年が終わりに近づいていますね。年度内当院は12月26日まで営業しています!

本日は題名のとおり、「見えないマウスピース矯正 vs ワイヤー矯正、どちらが自分には適している?」という疑問について考えていきたいと思います。

1.見えないマウスピース矯正の利点・欠点

マウスピースを装着している

見えないマウスピース矯正(インビザライン)の最大の利点は目立たない事、取り外しができることです。透明なマウスピースなので、ほとんど目立ちませんし、取り外しができるため、歯もすみずみまでしっかりと磨くことができ、口腔内を清潔に保ち続けることができます。また、アタッチメントという付加装置が外れても、痛みを伴わないため、基本的には急患対応は必須ではないケースが多く、安全に使用することができます。

デメリットはマウスピースを20時間はつけ続けないといけないということです。ただ、慣れてしまえばみなさん20時間つけることが当たり前になってきます。

2.ワイヤー矯正の利点・欠点

透明なブラケット装置を装着した歯

ワイヤー矯正の利点は、私たち歯科医師が治療の多くをコントロールするため、言ってしまえば来院すればいつかは治療が終わるという点です。管理を歯科医師に任せてしまいたいという方には、適しています。

デメリットは固定式の装置を表側もしくは舌側全体に一定期間装着し続けるということ、装置が外れたり、ワイヤーが飛び出すなどの場合、急患対応が必要となるケースがあるということです。とはいえ、ご連絡をいただけたらすぐに対応しますので、ご安心ください。

いずれの装置も、必ず慣れます。

矯正治療は始めようと思った時がはじめ時です。早く始めればその分長くきれいな歯並びで生活することができるからです。

無料相談でお待ちしています!

無料矯正相談・お問い合わせ

あなたのお口のお悩み
お聞きかせください

歯並びや咬み合わせでお困りのことがあれば、どんな些細なことでもご相談ください。無料の矯正相談で患者さまの状況を詳しくお伺いし、ひとりひとりに適した治療法をご提案させていただきます。