未分類

矯正治療に抜歯は必要ですか?

News / Blog

こんにちは、戸越銀座KT矯正歯科のブログをご覧いただきありがとうございます。

抜歯のイラスト

矯正治療を検討されるとき、抜歯に抵抗がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

痛い思いをして抜歯をしたい人はいません。なるべく歯を抜きたくない、歯を残しておきたいと思うのは当然です。また、将来のかみ合わせのことを考えても、不必要な抜歯は避けていただきたいと思います。

しかし、矯正治療には抜歯がどうしても必要になるときがあります。それは、

  • 口元の突出感が大きく、口元を下げたい場合
  • 歯のでこぼこ(叢生量)が大きく、歯を並べる隙間が足りない場合
  • 前歯の傾きが著しく唇側傾斜している場合
  • むし歯や歯周病などで、どうしても保存不可な歯がある場合

などです。このようなケースでは、抜歯をしないで無理に治すよりも、抜歯をしたほうが矯正治療後の仕上がりが美しく、咬み合わせも良くなることが多いです。

当院では歯科矯正用アンカースクリューの使用により、なるべく抜歯をしない矯正治療の選択が可能です。また、抜歯が必要な場合は院内での抜歯も行っております。

治療方針については、患者さんのご要望を伺いながら決定してきますので、どうぞご検討ください。

無料矯正相談・お問い合わせ

あなたのお口のお悩み
お聞きかせください

歯並びや咬み合わせでお困りのことがあれば、どんな些細なことでもご相談ください。無料の矯正相談で患者さまの状況を詳しくお伺いし、ひとりひとりに適した治療法をご提案させていただきます。