未分類

咬み合わせが深いと(過蓋咬合)

News / Blog

こんにちは、戸越銀座KT矯正歯科のブログをご覧頂きありがとうございます。

上下の前歯の咬み合わせを被蓋と呼びますが、奥歯でしっかり噛みしめたとき、下の前歯が上の前歯に覆われ、ほとんど見えなくなっているような深い咬み合わせのことを「過蓋咬合」と言います。

前歯の(垂直)被蓋は1~3mm程度が適正範囲と言われており、これより大きい場合を「過蓋咬合(ディープバイト)」、小さい場合を「開咬(オープンバイト)」と呼んでいます。

「過蓋咬合」の場合、下の前歯が上の歯茎に食い込み、歯肉が腫れたり、痛くなることもあります。また大きな問題として、顎を前後左右に動かしたとき、奥歯のガイダンス(歯の滑走)が正常に行われず、奥歯への過剰な負担を生じる可能性があります。

そのため、過蓋咬合では奥歯(臼歯)の破折やむし歯が多くなり、結果的に奥歯を喪失し、入れ歯や被せ物になるケースも多く見受けられます。咬み合わせが深いと、入れ歯や被せ物の厚みを十分にとれず、被せ物が外れやすくなったり、入れ歯の安定性が悪くなることも懸念されます。

過蓋咬合の矯正治療は小児から大人まで行えますので、ご相談下さい。

無料矯正相談・お問い合わせ

あなたのお口のお悩み
お聞きかせください

歯並びや咬み合わせでお困りのことがあれば、どんな些細なことでもご相談ください。無料の矯正相談で患者さまの状況を詳しくお伺いし、ひとりひとりに適した治療法をご提案させていただきます。