未分類

すきっ歯(正中離開)について

News / Blog

品川区のすきっ歯矯正症例|戸越銀座KT矯正歯科

こんにちは、戸越銀座KT矯正歯科のブログをご覧いただきありがとうございます。

歯列不正のひとつに、「すきっ歯(すきっぱ)」というものがあります。歯と歯の間が空いている状態のことを指し、「空隙歯列」または、上の前歯の真ん中に隙間があることをとくに「正中離開」とも呼びます。

すきっ歯は見た目が悪いだけでなく、食べ物が詰まりやすくなり、咬合にも問題をきたすことがありますので、隙間をつめる歯科治療が望まれます。

すきっ歯の治療には

①ダイレクトボンディング法(歯の横側に樹脂を張り付ける方法)
②ラミネートベニア法(歯の表側と横側に樹脂を張り付ける方法)
③クラウン法(歯の全体に樹脂または金属を被せる方法)
④ワイヤー矯正法(ワイヤーの力で歯を動かし隙間をつめる方法)
⑤マウスピース矯正法(マウスピースの力で歯を動かし隙間をつめる方法)

これらの5つの治療法が考えられます。

なかでも、④⑤の矯正治療は、デメリットとしてほかの治療法に比べ治療期間が長くなる可能性がありますが、自分の歯を削らない、人工物(樹脂)を張り付ける必要がない、といったメリットの多い治療法です。

すきっ歯でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

無料矯正相談・お問い合わせ

あなたのお口のお悩み
お聞きかせください

歯並びや咬み合わせでお困りのことがあれば、どんな些細なことでもご相談ください。無料の矯正相談で患者さまの状況を詳しくお伺いし、ひとりひとりに適した治療法をご提案させていただきます。