ブログ

矯正治療の後戻り

News / Blog

こんにちは。戸越銀座KT矯正歯科のブログをご覧いただきありがとうございます。

矯正治療では歯を移動させて歯並びや咬み合わせが改善した後に、新たな歯の位置を維持するためにリテーナー(保定装置)を使用し保定を行う必要があります。

矯正治療によって歯の移動が完了した直後は歯が埋まっている骨(歯槽骨)や歯肉などの組織が安定していないため、歯がとても動きやすい状態となっています。

歯は元の位置に戻ろうとする傾向があるため、リテーナーの使用を怠ってしまうと、でこぼこや咬み合わせの異常が再発してしまいます。

この現象を「後戻り」と呼んでいます。

後戻りを防ぐためにリテーナーの使用が重要となってきます。

歯の移動を終えた後の1年間はリテーナーを終日(歯磨きと食事の時以外)使用することをお勧めしています。

1年後問題がなければ寝ているときだけの使用に変えていきます。

歯を動かし終わった後にもこんなに長く装置を使用しなければならないのかと気が遠くなってしまうかもしれませんが、歯を取り囲んでいる骨や歯肉を安定させるためには長時間を要します。

歯を動かす時期と同様に歯の位置を維持する時期もとても大切なのです。

後戻りが進んでしまうと、治療するには再度装置を付ける必要があります。

後戻りの程度にもよりますが、部分矯正で治療することも可能ですので、お困りの際は当院の無料相談にいらしてください。

無料矯正相談・お問い合わせ

あなたのお口のお悩み
お聞きかせください

歯並びや咬み合わせでお困りのことがあれば、どんな些細なことでもご相談ください。無料の矯正相談で患者さまの状況を詳しくお伺いし、ひとりひとりに適した治療法をご提案させていただきます。