ブログ

おとなの歯はいつから生えてきますか?

News / Blog

笑顔の女の子

こんにちは。戸越銀座KT矯正歯科のホームページをご覧いただきありがとうございます。

ある日、お子さんの歯がぐらぐらしてきたら、そろそろ歯の生え代わりのタイミングです。お子さんの成長を知る喜ばしい出来事ですね。

しかしそれと同時に、「矯正を始めた方がいいのだろうか?」「いつ始めたらよいのだろうか?」と親御さんは不安になることもあるかと思います。

一般的に、6歳前後になると最初の永久歯が生えてきます。多くの場合、下の前歯(下顎中切歯)からはじまり、それから半年~1年くらいの間に、隣の前歯(下顎側切歯)や、上の前歯(上顎中切歯、上顎側切歯)が生え変わり、後ろから奥歯(第一大臼歯)も萌出します。

矯正治療は永久歯の歯並びの改善を目指すものになりますので、おとなの歯が少し生えてきたこの頃が小児矯正開始の目安となります。だいたい7~8歳ごろ、上下の前歯4本と奥歯が永久歯になったころを目途にして下さい。

このとき、実際に矯正治療の適応になるかどうかはお口の中を見てみないとわかりません。不安があれば、矯正の専門の先生に診てもらうと良いでしょう。初診相談は無料で行わせていただいておりますので、当院へどうぞいらしてください。

歯が生える時期には個人差があり、上に示した目安から数か月遅れることも早まることもあります。また、受け口などの場合、早期に治療が必要な場合もありますので、気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

無料矯正相談・お問い合わせ

あなたのお口のお悩み
お聞きかせください

歯並びや咬み合わせでお困りのことがあれば、どんな些細なことでもご相談ください。無料の矯正相談で患者さまの状況を詳しくお伺いし、ひとりひとりに適した治療法をご提案させていただきます。