ブログ

こどもの矯正とおとなの矯正の違い

News / Blog

品川区で矯正歯科なら戸越銀座KT矯正歯科

こんにちは。戸越銀座KT矯正歯科のホームページをご覧頂きありがとうございます。

こどもの矯正治療は乳歯(こどもの歯)と永久歯(おとなの歯)が混在する時期に行います。

成長期なので上顎や下顎の幅の拡大をしてでこぼこを改善する治療、永久歯が生えてくる隙間を確保しスムーズに生え変わりが進むように誘導する治療、上下の顎のバランスを整えて咬み合わせを改善する治療などを行います。

おとなの矯正治療は永久歯が12歳臼歯(前から数えて7番目の歯)が生え揃い、成長がある程度落ち着いてから始めます。

こどもの矯正とは違い、顎の骨の大きさやバランスを変えることは難しいため、今の顎の大きさや位置に合わせて歯を並べていく治療を行います。

こどもの矯正治療とおとなの矯正治療では歯並びや咬み合わせを改善する方法や使用する装置が違います。

当院の初診カウンセリングでは実際にどのような装置を使って治療をすすめていくか装置の見本をお見せしてお話をさせて頂きます。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。


無料矯正相談・WEB予約

あなたのお口のお悩み
お聞きかせください

歯並びや咬み合わせでお困りのことがあれば、どんな些細なことでもご相談ください。無料の矯正相談で患者さまの状況を詳しくお伺いし、ひとりひとりに適した治療法をご提案させていただきます。