ブログ

妊娠中における矯正治療について

News / Blog

こんにちは、戸越銀座KT矯正歯科のブログをご覧頂きありがとうございます。本日は、妊娠中での矯正治療についてお話させて頂きます。

矯正治療を始めたいけど妊娠中である、もしくは妊娠の予定があるなどの理由で時期をためらっている方もいるかと思います。結論から申し上げますと妊娠中における矯正治療は可能です。そもそも矯正治療は体に負荷のかかる処置ではありませんのでほぼ問題なく矯正治療をお受けになることができます。

ただし、矯正治療を行う上でのレントゲン撮影、抜歯や歯科矯正用アンカースクリュー埋入時における局所麻酔および投薬については不安な方も多いかと思いますのでその点についてお話し致します。

まずレントゲン撮影ですが歯科用のエックス線撮影は腹部からも離れており、お腹の赤ちゃんへの放射線の影響は無視できるレベルです。さらに防護エプロンの着用で被曝量を軽減できます。よって妊娠中でもレントゲン撮影は十分可能ですが、撮影時期などはご相談ください。

また、局所麻酔や投薬についてですが、妊娠中での局所麻酔や投薬はお腹の赤ちゃんへの危険性はほとんどないことが報告されています。疼痛によるストレスを考えると、安定期(16週~)であれば局所麻酔は使用した方がよいです。

このように担当の先生ときっちり相談しながら治療を行えば妊娠中での矯正治療は十分可能ですのでまずは一度当院へご相談下さい。

無料矯正相談・お問い合わせ

あなたのお口のお悩み
お聞きかせください

歯並びや咬み合わせでお困りのことがあれば、どんな些細なことでもご相談ください。無料の矯正相談で患者さまの状況を詳しくお伺いし、ひとりひとりに適した治療法をご提案させていただきます。