未分類

矯正治療に使用する材料の素材について(ワイヤー矯正 )

News / Blog

戸越銀座KT矯正歯科のホームページをご覧いただきありがとうございます。

本日はワイヤー矯正に使用される素材についてお話しして行きます。

ワイヤー矯正治療の基本的要素として、大きく分けて歯面に接着するブラケット装置、歯に矯正力をかけるワイヤーがあります。

当院では歯に馴染む審美ブラケット、ロジウムコーティングワイヤーを使用しています。

(奥歯のブラケットは摩擦を考慮し、メタルのブラケットが主流です。)

●ブラケット(TOMY INTERNATIONAL Crysta line)

歯の一つ一つにブラケット(英語ではBrace)を歯科用接着剤にて接着します。

矯正歯科治療の黎明期、すべての歯にブラケットを溶接した金属製バンドを巻きつける「フルバンドシステム」が最先端の治療でした。

現在では歯科接着技術が格段に向上し、ほとんどの場合、歯面に直接接着するダイレクトボンディングシステムが適用されます。

(メタルやセラミックなど人工の歯がある場合、接着力が劣ってしまい脱離の原因となるため、奥歯では度々バンディングを行うことがあります。)

前歯部のブラケットも一昔前はメタルのものが主流でしたが、現在では審美性を考慮しプラスティックやセラミックのものが主流です。

当院では高い透明度を誇る透光性セラミックブラケット、クリスタブレースを採用しています。

●ワイヤー(TOMY INTERNATIONAL ロジウムコーティングホワイトワイヤー)

当院ではホワイトコーティングではなくロシウムコーティングワイヤーを使用しています。

ロジウムコーティング膜は非常に薄いので、ワイヤー特性に影響しません。

そのため叢生(歯のがたがた)を解くときに、コーティングが力のかかり方の邪魔をしないので、矯正治療が早く進みます。

また、ホワイトコーティングは膜が剥がれやすく、調整ごとに審美性が損なわれる可能性があります。

ロジウムコーティングは剥がれにくく、矯正治療期間中、審美性を保つことができます。

他院にてマウスピース矯正は適用外と言われた方、当院ではワイヤー矯正と組み合わせて、またはマウスピース単独でも治療可能な場合があります。

当院では矯正専門の歯科医が治療を行っております。

皆様の歯並びのお悩みに精一杯お応えしたいと思います。

矯正治療相談は無料ですので、お気軽にご来院ください。

無料矯正相談・お問い合わせ

あなたのお口のお悩み
お聞きかせください

歯並びや咬み合わせでお困りのことがあれば、どんな些細なことでもご相談ください。無料の矯正相談で患者さまの状況を詳しくお伺いし、ひとりひとりに適した治療法をご提案させていただきます。