未分類

矯正治療中は吹奏楽はできないの?

News / Blog

こんにちは、戸越銀座KT矯正歯科のホームページをご覧いただきありがとうございます。

本日は矯正治療中の吹奏楽のお話をしたいと思います。

矯正治療中は、ブラケット装置がついていても、インビザラインが入っていても管楽器は演奏することができます。

管楽器の演奏は顔面、唇、舌などの複合的な動きであり、経験の浅い奏者はあまり気にならないかもしれませんが、熟練の奏者は奏でた音に対する違和感を感じると可能性があります。

また実際に楽器を演奏する際には、装置と唇、頬の摩擦により、傷ができたり痛かったりする場合はあります。その際は装置を一時的にカバーする製品(ワックスなど)がありますので心配なさらないでください。

まとめです。

基本的に装置を付けて管楽器の演奏はできます。しかしながら短期的なパフォーマンスの低下は避けられません。その克服方法は、慣れが必要になりますので、練習とモチベーションと言えるでしょう。

まずは治療前に疑問や心配事があれば、矯正歯科医にお伝えください。また、治療中にも困ったことがあれば、その際も気軽にご相談ください。

無料矯正相談・お問い合わせ

あなたのお口のお悩み
お聞きかせください

歯並びや咬み合わせでお困りのことがあれば、どんな些細なことでもご相談ください。無料の矯正相談で患者さまの状況を詳しくお伺いし、ひとりひとりに適した治療法をご提案させていただきます。